BEST NEWS 一覧

BESTNEWS
お問合せフォーム
中古・リビルドパーツのご提供でお客様との夢をつなぐ情報誌
過去のBEST NEWSをご覧いただけます。
title

vol.173

2017.11

前回動員数を大きく下回りEV人気は今一歩
EVと通常内燃機関の二方向探る日本車

vol.172

2017.10

2017ワールドリマニュファクチャリングサミット(WRS)で
(株)JARAが日本リサイクル業界の現状を報告

vol.171

2017.9

ウェステインナゴヤキャッスルで盛大な懇親の宴
第53期の業績は売上げ合計25億3400万円

vol.170

2017.8

本格稼働始めたJARAグループ次世代会
副会長に金森、石川両氏が立候補し接戦

vol.169

2017.7

部品の事前診断にスキャンツールを全社が導入
プラスONEチャレンジでブランドイメージ拡大へ

vol.168

2017.6

マレーシアでの国際自動車アフターマーケット会議で
(株)JARAの北島宗尚氏が日本の自リ法を講演

vol.167

2017.5

自動車リサイクルの社会的責任果たす熊本地震救済
今井会長と北島社長が寄付金を直接手渡し

vol.166

2017.4

BESTグループ 二代目時代に一斉に突入
即刻全てに正解を目標に

vol.165

2017.3

新年度目標「プラスONEチャレンジ」を設定
すべての項目で一歩前進を意識する姿勢へ

vol.164

2017.2

新代表に栗原裕之氏が就任
BWグループ加え流通分野統一

vol.163

2017.1

リビルト深澤氏招き講演
リサイクル部品強化の動き

vol.162

2016.12

2025年にオランダが排気ガスエンジン禁止の動き
日本の業界は既に生産準備完了の領域へ

vol.161

2016.11

新品・リサイクル両部品共通の課題は共通互換品番
急進展する新車メーカーの多角的業務提携

vol.160

2016.10

全国ネットワークの強みさらに生かす
地域市場での仕入れと販売、強化の動き

vol.159

2016.9

初代の自動操縦車両の開発が出揃う時に照準
現場のリサイクル技術と企業体質見直しが鍵

vol.158

2016.8

切迫する専業界外からのインターネット圧力
対抗策は現場と経営首脳の急速な若返り

vol.157

2016.7

リサイクル部品のダイレクトオーダーシステム本格稼働
次世代車体整備工場「エクセレント工場」に挑戦

vol.156

2016.6

グループ内部品流通20%アップめざし絆強化
リ協清水代表理事招き社会人常識の講演を実施

vol.155

2016.5

マンスリーマイカーの考え方を市場に提供
グループ初の非リサイクル部品事業に着手

vol.154

2016.4

自動車補修部品市場で高まる中古部品の評価
リビルト工業会とブロードリーフが提案

vol.153

2016.3

グループ内部品流通金額前年比20%アップめざす
「積小為大」の精神で足下固め着実な前進へ

vol.152

2016.2

超大規模災害に備えるBCP計画
企業活動早期復旧の対策

vol.151

2016.1

BSサミットが世界標準の工場基準を採用
経営内容の「見える化」に組織をあげて挑戦

vol.150

2015.12

新品部品の全部協が2015年の提言で警告
将来はカーユーザーが流通の主役に躍り出る

vol.149

2015.11

産構審と中央環境審が概ね順調と報告
中古車輸出急増の背景にリサイクル券の存在

vol.148

2015.10

日本・中国・韓国に豪州交えた環境会議
最先端の自リ法後のシステムを世界に発信

vol.147

2015.9

第52期売上げ目標26億円
BWスピリットを全員再確認

vol.146

2015.8

激変する市場動向に対応し販売手法に改革を
IT分野・地域事業・リビルト事業に新視点

vol.145

2015.7

新車メーカーの新素材採用強化に危機感
車体軽量化のための複合素材に対応急ぐ

vol.144

2015.6

発足10年を経て新境地
第11回総会で決意新た

vol.143

2015.5

欠品補充に止むなく新品を供給し営業継続
リビルト業界と同じ波動を目下体験中

vol.142

2015.4

BSニュースに見る部品分析と
遠路はるばる見学の真意は

vol.141

2015.3

平成27年の年内めどに統合への話し合いを開始
激変する自動車環境に対応すべく両社が決断

vol.140

2015.2

相互流通23億7000万円の成果
広報・教育・物流・リビルトの事業活発化

vol.139

2015.1

中販連立ち上げ時の結束ぶりを見習おう
在庫管理システムの壁を早急に打ち破れ

vol.138

2014.12

14年超の過走行車比率が26万台の19.3%に
霧散したリサイクル料金161億円を取り戻せ

vol.137

2014.11

今必要な日本の解体技術の優秀さの自覚
自動車リサイクル法施行で各社一段のレベルアップ

vol.136

2014.10

突破すべき3K業種の汚名
意義ある日本技術の世界移転

vol.135

2014.9

世界に誇る日本のリサイクルビジネスモデル
第8回国際会議の釧路大会で改めて披露

vol.134

2014.8

リサイクル部品と新品部品の混合流通の気配
新品部品業者は全員が取扱いを体験済み

vol.133

2014.7

BSサミット販売促進委員会が方針表明
独自の地産地消型手法の構築に着手

vol.132

2014.6

NPO法人JARA第10回通常総会
新会員募集と海外戦略見直しに再強化の動き

vol.131

2014.5

自動車リサイクル法見直しで玉不足打開成るか
廃棄車両は全数が有価処理に体質転換

vol.130

2014.4

新発足の㈱JARAグループの運用方法を説明
スーパーラインとATRSの両システムを併用を明言

vol.129

2014.3

4月1日付けで㈱SPNと㈱エコラインが合併
新会社代表取締役に北島宗尚氏が就任

vol.128

2014.2

合計186社の加盟店を持つ業界最大組織誕生
コア不足に対応した流通量拡大を目指し発進

vol.127

2014.1

ビッグウェーブ・SPN・エコラインの持ち味を生かし
自動車リサイクルの難関を今年こそ突破

vol.126

2013.12

画期的仕入れ情報のビジュアル化が実現
(株)BBFと(株)三重パーツが協同開発へ

vol.125

2013.11

二代目経営者一斉登壇の時を迎えて・・・その2
東日本大震災がリサイクル業界の覚醒促す

vol.124

2013.10

二代目経営者一斉登壇の時を迎えて・・・その1
自動車リサイクル業界に二代目経営者の時代

vol.123

2013.9

整備業界初のタブレット型ツールで効率改善
どこまで進むか部品検索のスピードアップ

vol.122

2013.8

新しい自動車保険のあり方がリサイクル業界に与える影響を考える
保険料改定の余波が中古部品流通に影響

vol.121

2013.7

深刻化する玉不足に対して追加の仕入れ戦略・・・その2
解体業と整備業の本格的な対話が始まる

vol.120

2013.6

深刻化する玉不足に対して追加の仕入れ戦略・・・その1
見直し迫られる部品取り・仕入れ先・車種

vol.119

2013.5

目前に迫る燃料電池車の市場投入
トヨタのプリウスとアクアがFCV人気を証明

vol.118

2013.4

今年は仕入れ戦略の年特集シリーズ・・・最終回
中古部品事業者がリビルド部品生産に挑戦

vol.117

2013.3

今年は仕入れ戦略の年特集シリーズ・・・その3
「ない部品はない」の原則早期打破をめざして

vol.116

2013.2

今年は仕入れ戦略の年特集シリーズ・・・その2
「ない部品はない」の原則を打破

vol.115

2013.1

今年は仕入れ戦略の年特集シリーズ・・・その1
2013年は企業間仕入れ戦略競争の最初の年

vol.114

2012.12

2012年の自動車リサイクルを顧みて
来る2013年は在庫管理思想の抜本的改革の年

vol.113

2012.11

BESTリサイクラーズアライアンスの近況
ARNとSSGの二グループを三社に追加

vol.112

2012.10

緊急提言・これからの日本の自動車整備経営・・・その6
超小型EV構想も本格化でEV時代が目前

vol.111

2012.9

緊急提言・これからの日本の自動車整備経営・・・その5
鈑金塗装を軸に整備商品の多角化に挑戦

vol.110

2012.8

緊急提言・これからの日本の自動車整備経営・・・その4
大都市部に急成長の格安レンタカー需要

vol.109

2012.7

緊急提言・これからの日本の自動車整備経営・・・その3
レッカー車両を準備し故障車救援に挑戦

vol.108

2012.6

緊急提言・これからの日本の自動車整備経営・・・その2
職人技を通常の整備作業に切り替える試み